ブロックチェーン

農業界で活用されるブロックチェーン技術とは? 今後の活用方法や利用目的などを解説

こんにちは、だっちーです。

現在では、様々な分野でブロックチェーン技術が活用されてきています。

こういった新しい技術がどんどん広がっていくとワクワクしますよね。

そんなブロックチェーンが農業界へも進出してきています。

今回は農業界でどんなことにどんな目的で利用されているのか見ていきましょう!

「食の安全性」の透明化を図る

「食の安全性」の基準は国や地域で異なるが、安全性への意識は世界中で高まってきています。

消費者としては「誰がいつ、どこでどのように収穫し、生産、加工したのか」を知りたいものですよね。

ところが従来の管理方法では、大量生産の食品を細かく追跡するにも限界があります。

汚染や感染した経路を突き止める場合もかなりの時間を要する場合が多い。さらに、事件が起きてから原因を追究していてはそもそも遅すぎます。

こういった食品の不透明性をブロックチェーン技術によって改善する試みが活性化してきていています。

食品が生産者から出荷され、消費者のもとに届くまでの経路をブロックチェーン上に細かく記録することでサプライチェーンの透明化を図る意図があるんです。

将来的には消費者が直接、生産・流通に関する情報にアクセス可能なシステムが実現する日も遠くないですね。

 

商品管理プラットフォーム

オーストラリアの企業Full Profile社が提供している商品管理プラットフォームに「AgriDigital」というものがあります。

これは世界初のブロックチェーン・コモディティ・マネジメント・プラットフォームで、生産者と買い手、サイト管理者が契約から配送、請求、決済までの全プロセスを一つのプラットフォーム上で行えるという画期的ツールです。

スマホやタブレットでアクセスでき、複雑な操作は不必要、登録、データ移行するだけで簡単に扱えるようです。

さらにAgriDigitalはリアルタイムで市場価格が追跡可能なため、農家が今まで安く取引されていた問題を解消することができるんです。

 

フェアトレードの実現

経済格差の一因として「国際貿易の仕組みが発展途上国に不利に作用している場合がある」ことが挙げられます。

この問題解消策として、「フェアトレード」が欧州と米国を中心に広がりを見せています。

発展途上国から先進国に輸入される原料や製品を、適正な価格で継続的に購入することで、労働者や生産者に公平な賃金を支払うという取り組みにもブロックチェーンの導入が期待されているようです。

 

農業融資の簡略化

ブロックチェーン導入の恩恵は消費者だけでなく、生産者や流通・小売業者にもある。例えば、事務関連業務の簡素化です。

手作業で管理していたさまざまなデータを、ブロックチェーン・プラットフォーム上で行うことで、管理コストの削減や時間の短縮が期待できます。

サプライチェーン・ファイナンスの改革としてすでに開発されているブロックチェーン金融ソリューションが今後、農業部門にも採用される可能性が十分にあります。

 

ブロックチェーン技術の特性を活かし、信頼性と透明性を高めることでより適切なタイミングで融資を受けることができれば、農家は資金を必要な期間内に確保しやすくなり更に生産性や品質を高めることも可能となります。

農業の未来がブロックチェーン技術によって革命の風を吹かせることができるのか楽しみですね!

ブロックチェーンエンジニアになるならTech Academy

スマートコントラクトを開発できる!

自分でオリジナルのサービスを作れる!

 

ビットコイン取引は購入手数料がマイナスのZaifがおすすめ

僕もやっている仮想通貨積立はZaifだけ

Zaif公式サイトを見てみる

Zaifの登録・積立方法はこちら

 

 

手数料無料で取引するならbitbank.cc

 

金融庁の仮想通貨交換業登録した安心取引所

bitbank公式サイトを見てみる

bitbank.ccの登録方法はこちら

 

 

bitFlyerは取り扱い通貨豊富で初心者にもおすすめ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

世界に進出した国内大手取引所

bitFlyer公式サイトを見てみる

bitFlyerの登録方法はこちら