ブロックチェーン

ブロックチェーンゲームって何?従来ゲームとの違いや人気のゲームを紹介!

ブロックチェーンゲームと言えば最近、マイクリプトヒーローズ(マイクリ)が地上波やAbemaTVでCMを放映し、聞いたことがある方も多いと思います。

ブロックチェーンとは定義が様々ありますが、とりあえずここでは仮想通貨に使用されている基盤技術と認識しておいてください。

そんな仮想通貨を使ったゲームがブロックチェーンゲームですが従来のゲームと何が違うのか、どんなゲームがあるのかいくつか紹介したいと思います。

ブロックチェーンゲームってなに?

ブロックチェーンゲームとは、名前の通りブロックチェーン技術で構成されているゲームの事を言います。

ブロックチェーンとは中央の管理者が存在せず、不特定多数の参加者でネットワーク情報を保管と管理するシステムのことです。

ブロックチェーンゲームには次のような特徴があります。

ブロックチェーンゲームの特徴

  • 非中央集権で自動システムで管理
  • ゲーム内通貨やアイテムが資産として残る
  • 仮想通貨がゲーム内通貨として利用される

ブロックチェーンゲームも従来のゲームと同じで運営者は存在します。しかし、コントロールとしての主体はいなく、自動化された不正のできないシステムとなっています。

そして、ブロックチェーンゲームのゲーム内通貨などは仮想通貨の一種である「トークン」が利用されているので資産となって残り続けます。

なので、そのブロックチェーンゲームが亡くなってしまってもトークンがなくなるわけではないので資産は残ることになります。

従来のゲームとの違いは?

ブロックチェーンゲームの特徴は前述したとおりです。では、従来のゲームとはどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの特徴から比較したものが次の通りです。

従来のゲームアプリ ブロックチェーンゲーム
中央集権であり、運営が管理 非中央集権であり、自動化システムで管理
ゲーム内通貨は日本円で購入でき可能だが、換金は不可能 ゲーム内通貨は仮想通貨を利用しているため売買可能
サービスが終了すると管理データをすべて失う サービスが終了しても資産は残る
獲得したアイテムなどはユーザー同士で売買不可能 獲得したアイテムなどはユーザー同士で売買可能

ブロックチェーンゲームの大きなメリットとしては、ゲーム内のアイテムが実際の資産として残り、ゲーム内で売ったり買ったりすることができるところでしょう。

ブロックチェーンゲームは主にイーサリアムという仮想通貨でプレイ可能になっています。大まかな流れとしては

取引所でイーサリアムを手に入れる→ゲーム内通貨やアイテムを購入→イーサリアムに換金→取引所で法定通貨に換金

となります。イーサリアムは日本の取引所で購入することができます。

どんなブロックチェーンゲームがあるの?

現在ではたくさんのブロックチェーンゲームがリリースされています。そのなかでも特に注目されているゲームをいくつかまとめてみました。

My Crypto Heros(マイクリプトヒーローズ)

まずは先ほどテレビCMが放送されたと紹介したMy Crypto Herosです。マイクリと呼ばれていて、今最も人気のあるブロックチェーンゲームです。

マイクリは世界の歴史上の英雄(ヒーロー)たちを集め、育成し、武器や防具を手に入れながら【Crypto World】の制覇を目指すワーカープレイスメント型RPGです。

戦略性の高いバトルシステムやヒーローの育成とカスタマイズ、レアアイテムの存在などRPGゲームとして楽しい要素が盛りだくさんです。

CryptoKitties(クリプトキティーズ)

ブロックチェーンゲームブームの火付け役となってゲームがこのクリプトキティーズです。

猫を育成し、売買するというシンプルなゲームです。ゲームキャラクターの猫ですが約1,130万円で売買されたことで話題を呼びました。

また、猫同士がレースに参加したり、バトルを行ったり、猫の着せ替えも可能となっており、プレイヤー同士によって様々な楽しみ方があります。

HyperDragons(ハイパードラゴンズ)

ハイパードラゴンズはドラゴンを売買したり、ほかのユーザーとバトルを楽しんだりすることができるブロックチェーンゲームです。

ドラゴンはかわいいものからカッコイイものまで様々あり、豊富な種類のドラゴンが売られています。以下は市場価格の参考にしてください。

一番高いドラゴン:450ETH(約600万円)
一番安いドラゴン:0.0028ETH(約40円)

(※こちらの価格は2019/02/11時点のものです)

Etheremon(イーサエモン)

イーサエモンはイラストとタイトルの感じが完全にポケモンみたいですね。このゲームはモンスターを捕獲し、コレクションを完成させることが目標のゲームです。イーサ―モンスターを育成、卵の孵化、進化を通じて珍しい種類を獲得していきます。

そして育成したモンスターでほかのプレイヤーと対戦し、トークンを稼いでいきます。ゲーム開始時に1体だけ無料でモンスターをもらうことができるので気になる方はやってみてください(手数料のトランザクションフィーは必要になります)。

Blockchain Cuties(ブロックチェーンキューティーズ)

ブロックチェーンキューティーズは猫のようなかわいいキューティーたちを使って遊ぶ育成ゲームです。

自分だけのオリジナルキューティーを作ったり、自分のキューティーを冒険に出すことでほかのユーザーがもつキューティーと自動対戦したりすることもできます。対戦の結果によってゲームで利用できるアイテムを手に入れることができます。

ブロックチェーンキューティーズで面白いのはカスタムキューティーという機能です。この機能では、写真から自分オリジナルのユニークキューティーズを作成することができます。

Crypto-Oink (くりぷ豚)

くりぷ豚は株式会社グッドラックスリーがリリースした国内初のスマホ向けブロックチェーンゲームです。

プレイヤーは無数に存在する「くりぷトン」の中からお気に入りの豚を手に入れ、オーナーとなることができます。

くりぷトン同士を「お見合い」させることで新種の「くりぷとん」を手に入れることができます。

そしてもちろんくりぷ豚もユーザー同士で売買が可能となっています。

Gods Unchained(ゴッド アンチェインド)

ゴッズアンチェインドはeスポーツの大会が開催予定されていたり、カードのトレード、売買が自由にできたりと話題性抜群のTCGゲームです。

ハースストーンやシャドウバースのようなゲームとなっているので、これらのゲームをやったことがある方は取っ掛かりやすいと思います。

大手企業も出資していることからかなり期待されているゲームであることがうかがえます。

ブロックチェーンゲームの将来性は?

ブロックチェーンゲームはこれからどうなっていくのでしょうか。最初はクリプトキティーズのような育成ゲームしかなかったのがカードゲームやRPGなどゲームとしてのクオリティが上がってきています。

よくブロックチェーンゲームを含むDAppsはUI、UXの課題が挙げられますがそれも徐々になくなっていくでしょう。

ブロックチェーンゲームでトークンを稼ぎ、資産を増やしていくという新しい資産運用の方法が定着していくかもしれませんね。

ブロックチェーンゲームで遊ぶには?

ブロックチェーンゲームで遊ぶには、まず仮想通貨のイーサリアムを用意しないといけません。

イーサリアムでゲーム内のアイテム購入、イベントの参加、ユーザー間での売買などを行うことが出来ます。

そのイーサリアムは仮想通貨取引所で購入することができます。興味がある方は下の記事を参考にしてみてください。

まとめ

仮想通貨の市場自体は現在低迷しており、マウントゴックス事件やコインチェック事件などいい印象を持たない方々も多いかと思います。

しかしブロックチェーンの市場はまだまだ始まったばかりです。DAppsの成長度合いも見てわかる通り、これからまだまだ成長していくと思います。

また、今後もブロックチェーンゲームは続々とリリースされていくと思うのでその辺にも注目したいですね。次にはどんなゲームが登場するのか楽しみです。

ブロックチェーンエンジニアになるならTech Academy

スマートコントラクトを開発できる!

自分でオリジナルのサービスを作れる!

 

ビットコイン取引は購入手数料がマイナスのZaifがおすすめ

僕もやっている仮想通貨積立はZaifだけ

Zaif公式サイトを見てみる

Zaifの登録・積立方法はこちら

 

 

手数料無料で取引するならbitbank.cc

 

金融庁の仮想通貨交換業登録した安心取引所

bitbank公式サイトを見てみる

bitbank.ccの登録方法はこちら

 

 

bitFlyerは取り扱い通貨豊富で初心者にもおすすめ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

世界に進出した国内大手取引所

bitFlyer公式サイトを見てみる

bitFlyerの登録方法はこちら