仮想通貨銘柄

リップル(Ripple,XRP)って何?特徴や将来性、購入方法を初心者にもわかりやすく解説!

ここでは僕が仮想通貨で一番最初に投資したリップル(Ripple)について

簡単に解説します!

目次

 

 

 

リップル(Ripple),XRPとは

Rippleの公式サイト

英語ですがchromeなどで翻訳すれば比較的わかりやすいかと思います。

すでにリップルについて詳しく説明しているサイトはいくつかあるのでそちらをご参考にしてください。

Ripple(リップル,XRP)とは?購入方法やチャート相場推移、将来性など。
    

 リップルとは

リップルとXRPについて 簡単に説明すると

リップル(Ripple)とは
   

リップルとは通貨のことではなく、Rippleという会社が開発した決済システムのこと。

XRPとは
   

XRPとは通貨単位のことです。円やドルと同じですね。

そして重要なのはビットコインとは全く違うということです。

ビットコインは仮想通貨であり、デジタル通貨であるがビットコインは現物なのです。

どういうことかというとビットコインはコイン自体が手元にあり、

それを送金すると相手に届きます。ところがリップルは違います。

リップルには現物がなく、借金の付け替えや精算のシステムであるため、お金ではありません。

そのため現物を送ることは出来ないんです。

リップルの理解は銀行の仕組みがわかれば解決します。

銀行は国民のお金を預かって、代わりに通帳に記載された数字という言わば”預かり証”を

発行しています。預けたお金の現物は貸出にまわったりして跡形もなくなりますが、

借用書上は残っていますよね。

   

そのため、銀行内で誰かに送金したいとき、

その預かり証の数字が書き換えれば銀行は

実際にお金を動かすことなく付け替えができ、

いかにも送金が実現したかのように見えているわけです。

これが銀行の振替システムです。

世の中のほとんどの送金が銀行による預かり証の付け替えで実現しており、

実際にお金を動かすなんてことはまずないです。

 
リップルの送金もこのような預かり証や借金の付け替えによって実現します。

なので実際に交換した円やドルは動かず、貸し借りのバランスのみが動き、

付け替えや相殺によって精算を行っているってわけです。

ここがリップルのすごいところ!

図1

これがリップルの目的ですね。

システムは前の章で説明したので大丈夫ですよね。

そのシステムをXRPを使って高速化しましょう。ということです

ではどのくらい早いのか?


図2

なんと4秒で決済が完了します。ビットコインやイーサリアムなんて敵じゃないです。

銀行なんて笑えます。


図3

そしてこの圧倒的処理能力!

送金の早さはここからきているようですね

 

*出典:2017715日現在の1秒あたり50,000トランザクション

 

ソースによればもっと上がっているようですね!

 

    

     

どこで購入するの?

追記 2018/02/06

現在はビットバンクがおススメです!

 

リップル(XRP)はビットバンクで購入可能です

[kanren2 postid=”758″]

 

ビットコイン取引は購入手数料がマイナスのZaifがおすすめ

僕もやっている仮想通貨積立はZaifだけ

Zaif公式サイトを見てみる

Zaifの登録・積立方法はこちら

 

 

手数料無料で取引するならbitbank.cc

 

金融庁の仮想通貨交換業登録した安心取引所

bitbank公式サイトを見てみる

bitbank.ccの登録方法はこちら

 

 

bitFlyerは取り扱い通貨豊富で初心者にもおすすめ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

世界に進出した国内大手取引所

bitFlyer公式サイトを見てみる

bitFlyerの登録方法はこちら